他社借入があってもモビットの審査は大丈夫?

他社借入件数が複数あるという場合、カードローンの審査に通るかどうか心配になってきますよね。モビットの場合、他社借入がある状態でも審査に通るのでしょうか?

 

他社借入件数が何社までなら審査通過、というような具体的な審査基準は、実はカードローン各社ともに公表していないため詳しいことはわかっていません。ですが、やはりあまりに件数が多い場合には審査の可否に影響してくるようです。一般的に言われているのが、大手の消費者金融ですと、他社借入件数の許容範囲は2?3社程度で、4社以上となってくると審査に通りにくくなるというものです。モビットが何社までならOKなのかはわかりませんし、また審査は借入件数以外にも重視するポイントがありますのでそれで全て決まってしまうわけではありませんから、あくまでも目安として考えていただくといいでしょう。

 

ではそれ以上の件数の場合にはどうしたらよいのでしょうか。まず、残債が少なくすぐに完済できそうなものから完済してからモビットに申込をするという方法をとってみましょう。完済すればそれは実績となりますし、件数も減ることでより審査に有利になります。また大手の消費者金融で厳しいのであれば、中小の消費者金融を利用する、というのも一つの手です。中小の消費者金融の場合、借入件数が多くても大手よりは比較的柔軟な対応をしてくれるといいます。

 

また借入件数だけでなく金額にも気をつけてください。一般的に、借入件数と金額ですと件数のほうが審査では重視されると言われていますが、モビットの場合には総量規制の影響を受けますので、年収の3分の1を超える借入はできません。

 

他社借入はこのように審査にいろいろと影響を及ぼすものではありますが、他社で借入があるからといって即座に審査落ちしてしまうというわけではありません。自分の状態はどうなのか?申込をするまえに一度自身の属性や信用情報を見直してみて、とれる対策があればとってから申込に臨んでみましょう。